★車・バイクの総合カスタムショップ★ http://www.jetstroke.com

来店型・技術系・激安通販店のJETSTROKEへようこそ!!

日々の作業状況や製作車両、スタッフの素顔などもUPしていきますので乞うご期待!!

http://www.just.st/?in=7192241(携帯サイトはこちら)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JETBAR 3代目マスター卒業式イベント

本業とは関係ありませんが、本日はJETBARの3代目マスター・滝ちゃんの卒業式です。

彼は4年前からJETBARのマスターとして店を切り盛りし、ひげも濃いが思い出も濃い私にとっても大切な男の一人です。

この度次の夢へ向かってJETBARを卒業することになりました。

現在PM7時30分。

あと数時間でパーティが始まっちまうので深くは語りませんが、友の門出を精一杯の気持ちで祝福してやろうと思います。

イベント詳細(ミクシー内のJETBARコミュニティーより抜粋)

日時:
5月29日(土)
21時より入場開始~
22時から卒業式開始
明るくなるまで。


プログラム
一、開式の辞~<オーナー佐々木 裕一>

一、滝ちゃんに贈るJET DJたちによる独奏

一、滝ちゃんに贈るLIVEイベントカラオケ

出演
<一組目>高野 團(タカノダン)  HIP-HOP&ラップ
<二組目>歌舞伎者(カブキモノ)  生バンド・ロック(CD販売有り)


一、滝ちゃんによるDJ独奏ヘッドフォン

一、滝ちゃんに贈る卒業記念品授与プレゼント

一、滝ちゃんからの答辞カラオケ

一、滝ちゃんに贈るJET DJたちによる独奏

一、お客様からの祝辞あっかんべー

一、在籍バーテンによる祝辞ぴかぴか(新しい)

一、滝ちゃんに贈るJET DJたちによる独奏

一、閉式の辞


以上上記プログラムにて卒業式を開催いたします。

できるだけたくさんのお客様にお越し頂き、
滝ちゃんと楽しく絡んで頂けますよう
当日はタキモト終日フリーとなっております。
どうぞガンガンに潰しに来て下さいませ。ビール

たくさんのお客さんに滝ちゃんのJETBARマスター
としての最後の時間を一緒に過ごして頂けますよう、
心よりお待ちしておりますので、皆様
どうぞよろしくお願いいたします。わーい(嬉しい顔)


と、こんな感じです。


地元のBARのお客様も、JETSTROKEのお客様もみんなでワイワイ盛り上がりましょう!


そして、屋台も出しちゃいます。







コレは前回のイベントの様子。





お近くの方はゼヒ遊びに来てくださいね! 
いつもどおり、ワンドリンク¥500~ チャージ¥0です!


※JETBARのイベントの為、JETSTROKEのスタッフは基本的にはいませんので(居てもまだ作業してるかもしれません。)見積もり等のご依頼は難しいです。 ごめんなさい。

※おそらく100名前後のお客様が来られますので、駐車場の関係でなるべく乗り合いで来ていただけますと助かります。

※お決まり文句ですが、モチロン飲酒運転だけはダメですよ~




話は変わりこちらは今日のJETSTROKE。

バリバリ仕事してますぜ~

まずは本日、関東サウンドフェンスティバルに出展しているオーディオ班からの写真を一枚。


まだ私もレポートが上がってきていないので、次回のブログで詳しく書きますね~! でもかなり反響はあったみたいっ!!♪ ワンオフオーディオもドンドン攻めるよ~


こちらはRBオデッセイ・川俣様の最終組付けをするボブ店長&リョータ&島根氏&限りなくスタッフに近いお客様・石田君。 


ユニバーサル社のエアサスやらレンズのフル加工やらノーマルから作業させて頂いた思い入れのある一台。
この車の作業途中も今度UPしますね!



こちらは先日こちら側のミスで御納車する事が出来なくなってしまったフィットです。

その一つに原因に、バンパーの「チリ」が合っていないとご指摘をいただきましたので本日早速作業をやり直し改善する事ができました。

原因は今回装着したディフューザーパーツ(FRP製)と純正バンパーのフィッティングが問題で、塗装前の仮合わせの段階では問題なかったのですが(かなりキツメのフィッティングではありましたが)、やはり下地処理と塗装を施すと熱処理(温め行為)をしなくてもミリ単位の変形が生まれてしまいます。

そしてその作業を怠り、大丈夫!という先入観で取り付けしてしまった点。

もう一つは責任者の納車前チェックが行き届いていなかった事。

その結果お客様に多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。

本当に申し訳ありません。

対処方法としましては純正バンパーのビスを全て緩め、全体的に微調整し、FRPパーツ側も調整し直しました。
(削り込んだり、切断したりするほどではありません)

調整前↓


調整後↓


リアディフューザー部



今後このような事が起きぬよう、スタッフ全員でミーティングをし、ご指摘頂いた箇所をしっかり改善し御納車させて頂きます。


S様、大変ご迷惑をおかけいたしますがもう少々お待ちくださいませ。

代表 佐々木裕一





自分にウソはつかず。 かっこ悪い所も含め全てが現状の自分です。


仕事はキッチリ。 遊びもバッチリ。


と、堂々と言えるブログを目指します。




スポンサーサイト
先日のジェットストローク(KIKIちゃん来店!)
みなさんこんにちわ~

今日は一日バイクのオークション会場へ行っておりました。

この季節になるとバイクの車両オーダーがとっても増えます♪

お目当てはHONDA・FTR223でしたが、見事予算内でGET!

やったね~! 

すぐに納車整備して、月頭には納車できるようにガンバリマス!!

五十嵐様、もうチョッとお待ちくださいねっ!



こちらは30前期・舟橋様のベンツウィンカーミラー移植の写真です。


まずは製作風景↓



そして完成!!



違和感無く、スッキリ収めました。 もちろんパテは極少量しか使用せず、収縮率が限りなくゼロに近いモデリングの材料を使いレンズに合わせて本体を製作致しました。 もちろんレンズは脱着式!  by シマケンサンバ

完成時の綺麗さも大事ですが、5年後の品質保持を考え製作します。

セルシオのクオリティがドンドン高まりますね!

舟橋様(&彼女様)いつもX2ご依頼有難うございます!

こちらは本日の入庫状況↓(PIT内に+3~4台) スタッフ全員フルスロットルでバリバリ作業しております。


こちらはウチのヤシの木ちゃん☆ スクスク育ってくれてます。↓


↓こちらはMC系ワゴンRをお買い上げ頂きました、佐藤様です。 ご注文ありがとうございました!!  シートカバーやその他のパーツが届きましたらご連絡致しますね!  今度写真を撮るときはゼヒ奥様も♪  

私達の中古車販売は納車させて頂いた後からが本当のお仕事の始まりです。
何かありましたら遠慮無しに言ってくださいね! ささき


中古車の注文販売特集はコチラから!


じゃじゃーーーん!!


本邦初公開!!(と言っても、ちょいモザイク)

29日に埼玉で行われる、関東サウンドフェスティバルへ出展するボブ店長のベンツMLです。


当日はこの車と、タジマのBMW(追い込み製作中)とタント(河野様号)を展示予定です。 
こちらがその概要です↓


ブースも出しますので、お時間がある方は遊びに来てくださいねっ!


で、先日。


みんカラからのお客様が遊びに来てくれました! 

KIKIちゃんシアターワゴンRさん



手前で45度上を見ているのはオーディオ担当・タジマ(ヒゲがヤギさん)です。 カメラか女性か分かりませんが、たぶん緊張してます。

KIKIちゃんは銚子(ウチから2時間くらいの所)から来てくれました。  またウチのパーツ通販部からFOGのインサートフレームをご購入して頂いておりました! (すぐに気づかずスイマセン・・) ギャルソン大好きっ子でしたね~ 

シアターさんは有名ショップ、ログオンさんで製作したモンスター級のオーディオカーを所有しております。  チョッとやソットの車じゃありませんよ。 マジデ。 関東サウンドフェスティバルにもログオンさんのデモカーとして出展されるそうです!


で、ついつい。。。

勉強中の一眼レフで、、、


写真を撮らせていただきました・・・





☆カワイイ☆   v(^^)v

でも本人を撮っておいて、車を撮るの忘れた。。。。 オレ、最悪・・・ m(、、)m



またゼヒ遊びに来てくださいね! 秘密のプロジェクトもしっかり決まりましたらご連絡差し上げます~!

それと私がお休みを頂いている日曜日にも、みんカラ友達の皆さんが多数ご来店いただいたそうで・・・

お会いできず大変申し訳ありません。。。

日曜はJET名物のボブ店長と島根(シマケンサンバ)、タジマ(ヤギさん)がお見積もり&ご相談役になっております。

ゼヒまた遊びに寄ってくださいなっ!





そんでもって全く話を変えまして、コチラは私の妹です。

(ハウルに出てくる犬みたいな方は母です。)


それでこの妹、かなりケバイですが、父の仕事(ペンキ屋)を手伝っています。




佐々木家では働かざるもの食うべからず。

オヤジとなんだかんだケンカをしながらも仲良くやっているようです。


私は新人の面接の時に、「両親や兄弟と仲が良いですか?」と必ず質問します。

そこで、「あまり良くありません」と答えた人には、「すこしづつでいいから、自分から話しかけて、すこしづつでいいから親孝行をしなさい」と伝えます。


全く仕事とは関係無いようですが、実は大有りなんです。


だってお世話になった人に対し、感謝のキモチを伝えられない奴は職人としても、人としても失格だと考えるからです。


「恩は恩でしか返せない」


それが私の持論です。


親に対しても、師匠に対しても、同僚に対しても、後輩に対しても、子供に対しても


「ありがとう」


この一言を口に出し、相手に伝えることが大切です。


そして常に感謝。


郵便屋さんが手紙を運んでくれたら、 「ありがとう!」

コンビニでレジを売ってもらう前に、 「お願いします!」

道路工事で止められても誘導員さんに、 「ご苦労様です!」

スタッフが帰る際には大きな声で、 「お疲れさま!」


いつも誰かのおかげで生きている自分がいる。

だから、「今」自分がここに立っていられるという事を自覚する。


また、私が誰かに感謝の気持ちを伝えたら、その人はその清清しい気持ちを誰かに伝えるかもしれません。 それって素晴らしい事ですよね!


「米軍さん、今まで守ってくれて有難う! でも私達は基地に頼らずに自立する一歩を踏み出します!」


それも一つの感謝であり、とても勇気のいる意思表明(伝えるという事)です。 





さぁ~て、JETBARにお客さんが来てくれているみたいなので一杯やってきますね!


いつも長々と読んでいただき、心から感謝します。


「Thank you.!」







今日のジェットストローク
みなさんこんにちわ!

今日より、特集記事だけではなく、、日常のJETSTROKEも書いて行こうと思います。

旧ブログからの読者の皆様!!

お待たせしました!!

ジェットっぽいブログをまた再開いたしますぜ~!

人間くさーーーい。商売に繋がるかわからなーーーーい。もしくはマイナスかもーーーーー!!的な代表佐々木の思うがままを書き留める素顔ブログの再開です。

まずは今朝の様子から

現在の入庫状況(25台以上) BMW・ポルシェ・ミニバン・VIPセダン・スポーツ・Jラグ・軽CAR・アメ車・トラックと何でもあり状態。




ミーティング前のひと時↓ 何を話す訳でもないけど、この時間って結構大事。 


新しく設けた盆栽コーナー↓ スタッフ同士で枝ぶりを競うらしい。。。



そしてお仕事ネタ! ↓

こちらはウチのかわいいビートルちゃん。1955年です。(56だったっけ?) オーバルウィンドーの憎いヤツ。 セマフォーも実働です。 別にすぐ売りに出すわけじゃないんだけど、少しづつレストアを開始することに。 

↓これがセマフォー(ウィンカー)です。 ピョコッと出て来てチョーかわいい! でも、誰からも気づいてもらえない・・・。


こんな車両でオーディオカーとか作ったら面白いよね♪  バッチリ仕上げてみようかな?!  あぁ~ そう思ってるだけで貯まっていく製作待ちのデモカー達・・・

↓コレがそのTYPE1


腐食がちょこっとあるので、下地までほじくります。 で、鉄板がダメなら接いで接いでの繰り返し・・・。 でも、その地道さの上にしか本物のクオリティはありまへん。

↓鉄板むき出しの図  超地道な作業の連続です。


↓話は変わり、こちらはLSの3連ヘッドライトを埋め込んだ16アリストのヘッドライトちゃん。    雰囲気がガラっとかわりました♪

↓こちらはLED加工に負われるボブ店長。 上のライトが手術台みたいで良いでしょ!!    この背中に惚れてまうやろ~!!


↓こちらは3輪トライクにおリアフェンダーを3センチオーバーフェンダーにするお仕事。 まずは裏側の図


↓そして表の図 寸だしをキッチリした後、割り箸で固定してFRPを張りました。


そして面出し(パテ成形)後、Z3のダクトを追加!!


コレがマスターモデルとなり、量産する方向です。 


↓コチラは新人研修生達(アベイベーとAKBケンシン)の塗装講習の図。 スプレーガンの特性からブース&塗料の管理等基礎からしっかり学んでいきます。 ウチでは「先輩の背中を見て覚えろ!」という教育はしません。  先輩は忙しくても、面倒くさくても、自分がやっちまった方が早くても、後輩を指導し技術を伝達しなければいけません。 また後輩は一度教わった事は絶対に忘れず、「1教わったら、10練習」しなければいけません。 それがJETの掟。  営業時間内での修行だけじゃ、とてもじゃないけど成長しません。(だって、お客様の車にいきなり携わらせる訳にいきませんからね)  もちろん途中で辞めちゃうヤツも、逃げちゃうヤツもいっぱい居るけど、それはそれ。  しょーがない。



だからって、「どうせお前も辞めるんだろ~」っていう目で見ていたらこちら側のキモチなんて伝わる訳ないし、相手が本気になってくれる訳がありません。 

「会社側が本気じゃなきゃ、本気の人間は育たない!!」 ちゅーことです。

(でも、何十人辞めただろう・・・  ふぅ。。。)


私が店長、チーフによく言うことの一つに、

「近頃の若いヤツは気合が入ってないからダメだ・・・」 ではなく、「若いヤツらに合った方法で気合いを入れる意味と方法を教えてあげていないだけだ。」 と指導しています。

そして本質は変わらなくても、時代は変化します。 その時代の変化に対応出来ない経営者(現場リーダー)は会社を衰退させるでしょう。


「対人間の心の通った教育」こそ、10年後、20年後の企業の繁栄に間違いなく不可欠になる、欠かすことの出来ない日常業務の一つだとおもいます。

↓こちらは朝のミーティングの様子。 お客様からお預かり中の車の進行状況を全員で把握します。  「オレの受け持ってる車の事だけ分かってればイイヤ!」は通用しません。 JETは全員野球。  球が飛んでこない外野手でも、ピッチャーと同じ気持ちで試合に臨みます。





天然木・ウッド貼付加工 ウッドパネル製作 ジェットストローク
千葉県の天然木・ウッド貼付加工(ウッドパネル)専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円(通販もOK!)からオーダーを頂いております!

本日は天然木の貼付加工について書いて行こうと思います。

まずは天然木の貼付加工のご説明です。



っていうか、そのまんまです。



市販のウッドパネル(転写プリント)では無い、本物のウッド(天然木)を薄くスライスし、特殊な樹脂と技術で貼り付けていく加工です。 (笑)

現在乗られているお車のパネル周りがプラスチックで、ちょっと寂しい・・・

またここは純正ウッドなのに、なんでここはプラなんだ・・・

またウッドにしたいけど、市販の貼り付けパネルじゃ納得できないし・・・

と思ってる方はいらっしゃいませんか?

そーーんな方には絶好の加工です!

しかも、ワン&オンリー!! 世界に一つのパーツ製作です。


それでは今回も写真をガンガンUPしますよ~!♪


こちらはウッド色です↓





↑上記のような純正ロゴも再現します。


↑細かい抜き加工もバッチリ再現。 品質最優先!!


こちらはウォールナットです↓

↑これ、2センチくらいのツマミですが、全ての面においてシワや浮きなど一切ありません。








こちらはゼブラノ↓








こちらはチェスナット↓













こちらはブラックバードアイ↓




こちらはホワイトバードアイ↓




こちらはノブ特集↓








こちらはハンドル特集↓









(ハンドルのワンオフ加工や張替えは別の特集記事で書きます!)

最後にこちらは店舗の色見本です↓


もちろん、偽者の木ではないですよ。 すべて本物の木を使用しております。
その為、木の節や色見、パターン等は均一ではありません。

それが逆に良い所なのですけどね!

施工納期は約1ヶ月半。(混雑時は3ヶ月) ウッドにしたいパーツをメールいただければ無料見積もりさせて頂きます。



かたくなに本物志向。



自己満足応援本舗・ジェットストローク






ジェットストロークHPはコチラから!


★DIY派の方等にも分かりやすいように、写真多目(作品例・作業過程)のブログを書いて行こうと思いますので、お友達申請お待ちしております! 








テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

カーボン加工・製作・ワンオフ・貼り付け専門店ジェットストローク
千葉県のカーボン加工・製作・ワンオフ成形専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!

今日はカーボン加工について書いてみようと思います。

まず、カーボン加工と一言で言っても、大きく分けて二種類の方法があると思います。

一つは製品そのものをカーボンで成形する技術です。

この方法はマスターモデルを元に、メス型を製作してカーボン繊維を貼り付けるハンドレイアップ(ウェットカーボン)と、真空+加圧+加熱をしながら成形するオートクレーブ技術(ドライカーボン)で、後者は余分な樹脂や気泡を徹底的に抜き、製品を最低限の状態にする事で繊維の含有率が上がり、カーボン密度の高い製品が作れる現在の最先端技術です。

もう一つは現在お持ちの製品にカーボンを貼り付ける加工です。

こちらは主にドレスアップが目的なので、強度UP(厳密にはするけど)や軽量化が目的ではなく、あくまでも本物のカーボンの質感(フィルムやステッカーじゃ無いよ)を愛車に取り入れられる、今流行の技術です。

今回はその「カーボン貼り付け加工」の作品を紹介させていただきます。

もうウンチクは沢山だと思いますので、写真をガァーーーーっと載せちゃいます。



まずは内装のパーツ達です。


↓コチラはエアコンの吹き出し口(シルバーカーボン)


↓スイッチのつまみ(シルバーカーボン)


↓シフトゲートパネル(ブラックカーボン)


↓スイッチパネル(ブラックカーボン)


↓内装パネル(シルバーカーボン)


↓ミラー(シルバーカーボン)


↓センターコンソール(シルバーカーボン) フタの開け閉めもギャップしっかりを取っているのでとてもスムーズ。


↓ダッシュボードを丸ごとブラックカーボン化(店長は生身)


↓シフトノブ(シルバーカーボン)


↓上部を革で張り替え、シルバーカーボン化


↓ブラックカーボンとシルバーカーボンの合わせ技。


小物入れのフタ。 カラーカーボン(キャンディー塗装)も大人気! 色数も無限大!





エンブレムもカーボン化(ここまで細かいところが出来る店は全国的に見ても少ないと思います)




お次はハンドル特集!


今回はあえて触れませんが、ハンドルのワンオフ加工もウチの人気メニューの一つです。 径の太さや形状を変更したり、レザー&本皮での張替え、ガングリップ、刺繍、またお客様の手を型取り、一番疲れない握り心地を測定しそれを元にハンドルの形状を作ったりと世界で一つのワンオフハンドルを製作いたします。 (今回の写真はカーボンが使用されているハンドルのみ)


























お次は外装系です。


↓ドアのアウターハンドルポケット


↓FRPのスポイラーをカーボン化。





っとまぁ、こんな感じでなんでもカーボン化しちゃいます。

もちろん対象物にカーボンを貼り付けて、クリアを吹き、磨き上げればFRP成形の経験者なら同じようなものは出来ると思いますが、カーボンを貼り付ける精度、パターンの合わせ方、樹脂の透明度、脱泡の技術、下地作りの材料と方法等はウチの独自技術ですので真似する事は出来ません。

なんせカーボンですから、クオリティが命です。

他にも、ホイール、ルーフ、ヘッドライトのインナー、バンパーの一部等フニャフニャしていない物なら何でもOK!

通常納期は約1ヶ月半(混雑時は3ヶ月位)、パーツの写真をメールで送って頂ければお見積もりさせて頂きます。


本物志向の方には、本物の素材と技術を。


JETSTROKEは自己満足を提案し続けます!!





ジェットストロークHPはコチラから!

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コンプリートカー・中古車販売特集

千葉県のバイク・車のコンプリートカー製作販売専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!


毎日お客様のお車に携わらせていただく中で、「もしプロショップの私達が車の買取を 始めたら、他店よりも詳しく査定&評価をし、より高く買い取ることが出来るのに」 もしくは「もし私達が車の販売を始めたら、自社でパーツの発注から施工まで全ての工程 が自社で製作できる事でより上質に、より安く車両販売が出来るのにな」 と考えておりました。 

そしてそのシステムが遂に実現し、新車から中古車、軽自動車から輸入車までを幅広く 取り扱いのできる、総合カスタマイズプロショップとしての、


コンプリートカー製作販売」をスタートさせます。





お車を購入際、こんなこするとをお考えではありませんか?

「人とはちょっと違った車に乗りたい。」
「どうしても、改造したくなる。」
「派手な改造は卒業したけど、アルミとローダウンだけやりたい。」
「内装に重点をおいてナビやオーディオ、セキュリティを充実させたい。」etc...

弊社が取り扱いするパーツ点数は数万点に上ります。エアロパーツ、ローダウン、 アルミホイール、ナビ&オーディオ、セキュリティ等なんでもお任せ下さい。 
しかも通信販売店の顔を持つ当社だからできる全国最安値販売&自社工場 完備のプロショップだからできる圧倒的な術力であなただけのコンプリートカーを 製作いたします。


また、パーツの購入代金も車両購入ローンに組み込み一本化致しますので 余分な金利を払ったり、ローン会社が数社になってしまうこともありません。


取り扱いができる車種は国産・輸入車すべてのメーカー様です。
まず新車ベース、中古車ベースをお選びいただき、次にお好みのパーツをチョイス。
そしてすべてお車が仕上がった状態で御納車になりますのでいきなりカスタマイズカーでドライブ OK!面倒なショップ探やパーツの安値調査は必要ありません。
しかも!コンプリートカー製作時の工賃を特別割引サービス致します!! 
だから後からカスタムするより、絶対安い!!


もちろん新車はディーラー同様の保障を受けること出来ますし、中古車におきましても 最長3年間の保障が可能ですので安心してドレスアップカーにお乗り頂けます。


お客様がお探しのお車に関するすべての答えがジェットストローク1社で実現が可能です。

customizing movement base

名ばかりのトータルサポートにならないよう、流行の発信基地として今まで培ってきた技術や 知識を最大限に注ぎ込み、カスタムカーを愛する全ての方々へ、ジェットストロークは 提案し続けます。

















そしてもう一つ・・・・

愛車を乗り換えようと考えているあなたへ・・・





みなさんはご近所の八百屋さんや魚屋さんが、どこから食材を仕入れているかご存知ですか? 
答えはもちろん「市場」です。もしくは農家、牧場と直接契約し直接仕入れをしているお店 も増えてきていますね。
そして、仕入れた食材を店頭に並べ客様に販売する。 これが通常の商売の流れです。





ですが、考えて見てください。 





仕入れた食材は、本日来店されるお客様のニーズにぴったり合致し、毎日完売するので しょうか。 





もちろんお店は完売するために色々な広告(新聞折込等)を使ったり、他店と差別化を はかるために店舗を飾ったりと色々な経費をかけ、また今日どんなお客様が何人くらい 来て、何がたくさん売れるか。 一生懸命考えて仕入れをしています。






しかし、現実にはそううまくはいきません。






そればかりか、売れ残った食材を保存(維持)する冷蔵庫やショーケース、それを毎日管理 する人件費も当然必要になり経費は益々かかります。






そこで店主は売れ残りが出たとしても、お店が赤字にならないように商品の単価(売値)を 決める際、売れ残ってしまうかもしれない商品の原価をある程度、売価に上乗せして販売 しております。






ですが、考えて見てください。






もし、お店に余分な経費がかからなければもっと安く食材を売る事が出来るのではないで しょうか。
もし、在庫リスクが無ければ、商品の売価を抑えることが出来るのではないでしょうか。





そして奥様にとっても、新鮮な食材をより安く買うことが出来る、地域一番店として認知 されるのではないでしょうか。






そうなんです。そこなんです。






こに目をつけたのが全く新しい中古車の買い方。 それは・・・






業者オークションで直接買う!予算内でワンランク上の車両を選ぶ!




  





図の仕組みを一言で申し上げますと、





いかに経費をかけずに、お客様のご希望の車を素早く探すか。」





ここに尽きると思います。





そしてそれを実現するために以下のような取り組みをしております。





私たちは「もしかしたら売れるかもしれない?」店頭在庫車両は極少数しか展示しておりません。
なぜならば、お客様からお車お探しのご依頼を頂いた後、業者オークションに出向き、長期在庫等では無い鮮度の良い車を無駄無く仕入れ、少しでも状態の良い車両をお客様に販売することを目指しているからです。






私たちは中古車専門の展示場を持ち合わせておりません。
 なぜならば、展示場の賃料や維持費、人件費がかかればかかるほど、1台が売れたときの利益を増やさなければ採算が合わなくなってしまうからです。





私たちは日ごろから整備や塗装をしている職人が、直々にオークション会場へ出向き車を検査いたします。
 なぜならば、車の相場と知識のみで車を選別しているバイヤーではわからない、職人から 見た本当の車の状態(事故暦等)をこの目で確かめたいからです。





たちは全国70会場以上のオークション会場と、弊社のお客様の下取りなどから新鮮な車を仕入れることが可能です。
 なぜならば広範囲で探す事により、希望の車がすぐに見つかったり、すでに弊社でカスタマイズされた車を販売する事ができるからです。






私たちは万一、この中古車販売事業部が無くても会社として成り立って行ける力があります。
 なぜならば、車のカスタマイズや修理を専門としておりますので、中古車販売に関しては正直、それほど利益を追求しておりません。 聞こえは良いかもしれませんが、それよりもお車を買っていただいた後、お客様に喜んで頂き、末永くお付き合いさせて頂く事の方が弊社の継続的な利益につながると考えているからです。






どうでしょう。






先ほどの八百屋さんやお肉屋さんの話に例えますと





「お客様よりオーダーを頂いた商品のみを仕入れ、鮮度よく、素早く、経費をかけずに、 販売する。」





それが可能なら、街中の八百屋さんやお肉屋さんはもっと商品を安く販売する事ができます ね! ただ食材は毎日のように買うものですから、中古車選びのようにはいきません。
だからこそ、車選びは慎重に、そしてどこのお店から買ったら良いかじっくり考えて購入 することをオススメ致します。










もし、現在の愛車を手放すときが来た場合・・・

頭の片隅にでも覚えて置いてくださいねっ!












テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

千葉県のワンオフマフラー製作専門店・ジェットストローク
千葉県のバイク・車のワンオフマフラー製作専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!

本日はワンオフマフラーについて書いて行こうと思います。

まずマフラーを製作する上で最初の段階で決めておくことがあります。 それは材質、排気効率(レスポンス・吹け上がり)、取り回し、完成したときの重量、最低地上高、スポイラーとの組み合わせ等です。

大切なのはお客様がなにを求めているか。

後々行き違いが生まれないように、しっかり話し込んでから製作に入らせて頂きます。


モチロン純正のパイプにテールエンドだけ溶接して見てくれ重視!のオーダーから、サーキットでも通用するマフラーまで幅広く対応致します。
最近は極低車高の底上げ加工のオーダーが多いですね。 ハンガーの作り直しや、一度切断して角度を変えて溶接し直すという工程が多いです。 またエンジンの回転に合わせて排気量を変えたり、リモコンで音量を調整するような事もやっております。 


溶接するときも、パイプとパイプを合わせてこんもり溶接し、後で研磨して仕上げるのではなく、パイプとパイプの継ぎ目をピタッ!!と合わせる事に時間をかけます。

そしてビビッ!!と溶接。 

裏側までしっかりね。

できれば内側からも溶接したりします。 

あと鉄は(金属は)硬いイメージがありますが、熱をかけると伸びたり、縮んだりで色々と大変なんです。 でも、その辺もきっちり計算に入れて作業しないとポリッシュした時に残念なモノが出来上がってしまいます。

FRPも、カーボンも、鉄も、ステンも造形は楽しいし、奥が深い。




こちらはマフラー製作の写真です。

お客様がテールエンドを持ち込み、エアロの加工と合わせてオーダー頂きました。



ラインテープでおおよその位置をイメージし、PCで簡単に画像を作ってみます。




うん!良い感じ! こんな風に画像を作ったりしながらお客様と話を煮詰めていきます。


こちらは製作事例











エアロとのクリアランスも絶妙にセッティング。

でも、熱対策や干渉問題も考えて製作します。


こちらは底上げ加工をした15系マジェスタ↓










エアサスやアーム類の変更で低車高を突き詰めると、どうしても出てくる腹打ち問題。 でもこれで4センチ以上上がりましたね! 

VIPセダンのオーダー大歓迎です!


簡単な補修やポン付けはMIG(半自動)で対応します。





穴が開いてしまった!やハンガーが外れた!等の補修作業もお任せ下さい。


こちらは開口部との寸法取りの様子↓ FRP成形でピッタリと!


ディフューザー埋め込み↓


エアロ中通しのデザイン↓


店内にもマフラーやテールエンドを数種類展示しておりますので、実際に車にあてがいイメージを膨らませます。 実際モノがあるって良いですよね!



バイクのマフラー作っちゃいます! 写真はジョーカー。



もちろん社外マフラーの取り寄せ&取り付けも承ります! そのマフラーに合わせた開口部のFRP加工もお任せ下さい。 またパーツの販売は通販部で最安値販売いたします!!
国内のマフラー(パーツ)なら何処よりも安く販売致しますので無料見積もりお待ちしております。



現在の流行は爆音系よりも低音キッチリ系ですね。 オーディオも合わせてカスタムする方が多いので、そのような車両ではムダな雑音にならないよう心がけます。


自社作業美学! これこそJETの本髄!!

マフラー製作もお任せ下さいっ!


テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

カスタムペイントと職人上がりのショップ
みなさんこんにちは!

千葉県のバイク・車のカスタムペイント専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!

「カスタムペイント」ってなんだろう? そんな方もいるはずです。

カスタムペイントとは様々な材料や技法を使い、世界で唯一つのデザインを創作する言わばアートの世界です。

私がこの技術に興味を持ったのは15、16歳の頃、中学校の通学路に合った一軒のヘンテコなバイク屋との出会いでした。

このバイク屋には、普通に街中を走っているようなバイクは無く、ド派手に塗られたバイクやヘンテコな形をした車が沢山とまっていました。

その頃からすでにバイクに興味が合った私は、盗んだバイク(もう時効でいいでしょ)を直してもらいに「ここなら何とかしてくれそう!」と門を叩いたのが、後の私の修行先になる「ガルクラフト」というショップでした。

そして高校へ進学しガルクラフトでバイトを始め、塗装やFRPを覚えながらバイクの改造に没頭し、もう一つハマッた事がグラフィティアートでした。(壁とかにスプレーガンで落書きするヤツ)

暇があればそこいらの壁に落書きし、また暇があればカメラ片手に他の奴が書いた作品を資料集めに歩き回っいた頃、「あっ。 オレ、塗装好きかも・・・」と自覚するようになり、やがて本気に塗装でメシを食って行こう!!と決心し、ガルクラフトに就職させてもらった事が社会復帰出来ない道へのスタートでした。(笑)

↓修行中に行なった、タッチバイクという雑誌の取材記事です。 (オレ、若い!)




また友人達は高い車をローンで買い、稼いだ金を行きつけのショップに殆ど使う中(それが悪いと言ってる訳じゃないよ!)、私は「絶対車を作る側の人間になってやる。今は我慢し腕を上げることに専念しよう。」と決め、給料の殆どを塗装の実験材料や工具&将来店をオープンさせる為の資金として少しづつ貯め始めた18歳の頃でした。

少々話はずれましたが、私がこの業界に入ったのは「かっこいい車に乗りたい!」だけではなく、かっこいい車を創りたい!」という方が本音なんです。


その中でも、「塗装」に関しては誰にも負けたくない。というキモチが強く、現在でもデザインものや複雑な多色塗りのオーダーは私が受け持ち作業しております。
(殆どボブ店長だけど 笑)

それでは(ずいぶん前置きが長かったですが)過去の作品の一例を紹介いたします。

こちらは現在も店舗に展示中のホイールのカスタムペイント。




メッキを腐食させ、塗料が食いつくようになる特殊な塗料を吹き付けてから塗装しております。 

タイヤで隠れる部分もしっかりコーティングゥーーッ!

こちらはハーレーへのペイントです。
私がハーレー大好き人間なので、アメリカン系の塗装は特に気合が入っちゃいます!








こちらは国産バイクちゃん。 ↓ちなみにコイツはカウリングもFRPにてワンオフ成形














↑今流行の痛車なんかに張ってあるステッカーじゃないよ!! 一色一色エアブラシで色を入れてます。 とーーーーーてっも根気のいる作業。 もちろんクリアで無段差鏡面フィニッシュです。 転ばなきゃ耐久性は半永久。

↓んで、こいつらは私の愛機「イワタのエアブラシ用コンプレッサーと、オリンポスのエアブラシ」他にも何丁か持ってます。


こいつらはピンストなんかに使う筆達。↓ 女性と一緒で毛先が命! 専用のオイルに付けて保存します。 1本3000円以上するモノもあるんですよ!


↓車体へピンストを引くわたくし。小指を立ててブレを防止します。




↓こちらは四輪君たち~







お次はヘルメット

↓カスタムバーンングという雑誌の企画で、読者からデザイン画を集め、その中から当選した人の絵柄を塗装致しました。(JSは勝手に入れたけどね)


こちらは2010年ストリートリーガルで優勝し、D1参戦中の高橋選手のヘルメットです。

↓まずはイラストレーターで簡単なイメージを作ります。


こんな感じかなぁ~ と思いながら塗り始め、


完成したのがコチラ!!



メッキ塗装、キャンディ、七色変化パール等の20数色フルコース。

ちなみにエアロパーツの塗装もさせて頂きました。


こちらは2009年のオートサロンで、YOKOMOのブースにスタイルワゴン誌の代表として飾ったラジコンオデッセイです。 フレーク、キャンディー、ピンスト、ゴールドリーフ等のオンパレード! しっかりロゴも塗装で入れてます。


↓コチラは私の大好きな色見本たち。




国内外、様々なメーカーの塗料を扱うため色見本は沢山持ってます。 (私の大切な財産たち) 

それと同じくらい大切な資料集。 海外へ行った時などトランクケースが埋まるほど買ってきます。↓







インスピレーションを掻きたてられるグッツは宝物。 デザインや色の配置が行き詰った時に役立ちます。 

塗装も本当に奥が深いです。

ドンドン新しい塗料や技術が生まれていきますので、毎日が勉強です!!



と、こんな感じで自社でカスタムペイントしていますので、「人と同じじゃ嫌だ!」という奇特なアナタ!! 

世界で一台の塗装をしてみようぜっ!

オーダーお待ちしております。



(車のオールペンや板金塗装は別で書きマース!)

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

エアサス(エアーサスペンション)取付け専門店 ジェトストローク
千葉県のエアサス(エアーサスペンション)取り付け専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!


まず始めに、ジェットストロークではボルドワールド社と、ユニバーサルエアー社の正規代理店(正規プロショップ)を取得しております。

ボルドワールドさん

ユニバーサルエアーさん

上記二社の正規取り扱いショップに認定される為には厳しい審査があり、その規定をクリアしないと認定店にはなれません。

もちろん認定店にならなくても、商品は取り寄せできますし取り付けもできます。

しかし、絶対的に差が出るのは、

アフターフォローなんです!

エアサス(足廻り部品)というのは、塗装やLED加工とは違い、命を預ける制動部品ですのでポンッと付けてハイっ!終わりという訳にはいきません。

配線の取り回しライン、エアサスタンクの位置、チェックバルブ、ロールカット、エアドライアー&ミストフィルターなどの正しい取り付け方と定期的なメンテナンス等が不可欠です。

とは言え、決して限られた人へのパーツでは無く、正しい知識を持った人が施工し、定期的なメンテナンスさえ怠らなければ何年も安心して乗り続けることが可能です。

そこでジェットストロークでは、初めてのエアサス施工でも安心してお乗りいただくために、過去の施工車の写真などから推定車高をイメージしたり、施工後1ヵ月後の無料点検等も実施、またお客様の使用状況(保管状況)に合わせたセットアップを心がけております。 (二級整備資格者在中・国の認可を得た認証工場です。)

少しでも安心してカーライフを送って欲しいから。


そんな願いから、お客様の不安を少しでも取り除けるよう、取り付け前後の説明は納得行くまでご説明させて頂きます。



それでは過去に組んだエアサス施工例をご紹介致しましょう!


まずはトランクルームにタンクを配置するだけのスタンダードな取り付け方法です。











錆やその他トラブルの原因になる可能性がありますので、基本的にタンクは車外には取り付け致しません。 

そしてタンクには空気を圧縮する際に発生する水蒸気(水)が貯まりますので、水抜きの利便性も考えて配置させます。

またエアドライヤー(水分除去)、ミストフィルター(ゴミ除去)、電磁ロールカットバルブ(車体を並行に保ち、左右のロールを制御する)、メンテナンス性も考えチェックバルブを装着、空気を早く貯めるためにコンプレッサー&タンクをワンサイズ上の物へ交換、エアーの配管サイズを変えアゲサゲのスピードをUP、配管にコルゲートチューブ(保護用被覆)を巻くなど、安全面やカスタマイズの方向性も踏まえ、自分のスタイルに合った施工をご提案いたします。



こちらはエアバックの写真です。




このバックに空気を入れたり、出したりする事で車高をアゲサゲ致します。

特徴的なのはボルドワールドはショック一体式での販売の為、簡単に言えば現在のショックを外してポン付けOK。アルティマシリーズはアブソルートDS(ボルドワールド社製車高調)が組み込まれ、車種専用設計の為車体への加工が最小限に抑えられます。  逆にユニバーサルエアー社はエアバックとショックが別売りの為、現在装着済みの車高調があればその車高調にエアバックを取り付けする事が出来ます。(バネをエアバックに変えるという事) その為設定車種が無い車でも溶接加工等で自由に取り付けが可能ですので外車にもお勧めです。

またエアサスには機械式と電磁弁式があり、空気の流れ(弁)を機械式(アナログ)で制御するか、電磁式(デジタル)で制御するかで分かれています。 現在の主流は電磁弁式で、機械式に比べ割高にはなりますが配管の取り回しや信頼度、電子パーツの拡張性の面で優れているように思えます。


また弊社は上記二社以外にも、ACC社、エアダイン社、イデアル、エアコブラ等のエアサスも取り扱っております。

こちらは作業途中の写真です。






↑最後の写真はタンクを黒く塗り、台座に角度をつけ、ミラーのアクリルの上にマウントし、それをトランク内に作ったボックスに収めます。




そしてLED照明を仕込み、アクリルのフタを付けると・・・







魅せる!!エアサスインストールの完成です。


こちらはスペアタイヤのスペースにフルフラットになるようにインストール致します。
まずはMDFでボックスを作り、ミラーアクリルを内部に貼り付け(緑色は保護フィルムです)LED照明を仕込みます。



そうすると・・・・



はいっ! こんな感じでシンプルにまとめました。

しかもLED照明はスイッチ一つで色を変えられます。(徐々に変化させる事も可能です。)




ねっ! とってもキレイでしょ!! 

しかもトランクルームとフラットなので、荷室を無駄に致しません。

この他にも、コントロールスイッチを純正のように埋め込んだり~


 




好みの車高をメモリーする機能や、排気音を目立たせる事、ワイヤレス&タッチパネルで車高をコントロールすることも可能です。

そして万が一の時は、特殊な機械でエア漏れを検知致します。 (他社にはきっと無いぜ~)



またタンクをカスタムペイントし、カスタムオーディオと合わせラゲッジルームを演出する事も可能です。




ほんっとエアサスの可能性って無限大。

ドンドン新しいパーツや新システムも開発されていますので、自社作業美学を掲げ、日々勉強しております!!  

最後にエアサスのアップダウンを真横から4台ご紹介。

こちらはタント。(ボルドワールド・アルティマ1)

上げ↓


下げ↓


こちらはRA7.8オデッセイ

上げ↓


下げ↓


お次はE50エルグランド(ボルドワールド・レボ1)

上げ↓


下げ↓
 


お次はMHワゴンR(ボルドワールド・アルティマ1)

上げ↓


下げ↓
 

RBオデッセイ(ユニバーサルエアー・エアロスポーツキットタッチパネル&リモコン付)

上げ↓


下げ↓
 

タッチパネルでアゲサゲOK!リモコンも付いてます。


最後にこちらはユニバーサルエアーの動画です。




 

皆さんも、街中でプシューーッ!! ってやりましょうよ!!

もう段差なんて怖くありません!!

またパーツ自体も格安にて販売致します!(通販大歓迎!取り付けに関する知識もサポート致します!)

記載変更、改造公認車検もOK!

エアサス施工はジェットストロークにお任せ下さい!!
エアロ(バンパー)のFRP加工・FOG移植
今日はエアロパーツ(フロントバンパー)のFOG移植(FRP加工)をレポートしたいと思います。

まずはこちらから。



これはバタフライシステムのEKワゴンのデモカー画像ですが、お客様よりFOGの部分をベンツSクラスへ変更したいとオーダーを頂きました。

私自身が元々FRP屋での修行経験がありますので、FRP加工&モデリングはJETの得意メニューの一つです。


まずはFOGの開口部部分の後ろからウチのインサートフレーム(埋め込み用FRP枠)をあてがってバランスを見ます。


お~ なんかいけそうですね。

この時点で物理的に無理だったり、あからさまにバランスが崩れる場合はいくらお客さんのご要望でもお受けしない事があります。

それは私達がただの頑固者なのではなく、もしお客様が後々バランスの悪さに気づいた時、もしくは他の誰かに「このバンパーバランス悪いよね~」って言われた時に悲しい思いをさせたくないからです。

ですから、私どもの考えを押し付けるのではなく、成形のプロとしてあくまでもアドバイスという形でお話させて頂きます。

↓UP画像はこんな感じ。


おおよその位置が決まったら、左右のバランスをもう一度確認し、正式に固定します。 この時、実際にFOGランプを付けて光軸を確認しておく事が大切ですね!
FRPで固定してから、

あれ~! 上向きすぎちゃってるよ~

では困りますからね・・・

↓こんな感じ。(FOGが青いのは保護用テープです。)



はい。 それでは裏側からFRPを張っていきます。下地処理を忘れずに~ 


これでFOGランプを固定する枠が固定できました。ウチのインサートフレームを使うとすごーーく加工が楽ですよ! 

↓これは来月からリリースするNEWアイテム。 ジャガー用FOGランプのインサートフレームです。  今度全ラインナップ(20種類以上)をブログで紹介させていただきますね!


ちなみに両側で23100円です!(枠のみ)


はい! お次は表面のパテ成形です。 収縮がなるべく出ないように、低収縮のものを段階に応じて使い分けます。 最近は収縮率0のパテなんかも使います。(チョッと高いけど・・)  エポキシなんかもいいですね。


お次は面成形。そしてパテサフ(パテを希釈したような下地塗料)を吹きつけ、ほぼ完成です。 


後は塗装をして取り付け・・・という所なのですが、今回は通販で加工のオーダーを頂きましたので塗装して出荷です。



そしたらなんと、お客様より装着後の写真を送って頂きました!!

うん!カッコいい!!



ボディとの干渉だけが少々心配でしたが、予め寸法をお打ち合わせさせて頂きましたので大丈夫でした!

大浦様、ご依頼有難うございます!

また何かありましたら、ご連絡下さいね!


お次は14アリストのバンパー加工です。

張り出しのある、スポーツ系のバンパーですね。

このバンパーにベンツEクラスのFOGを追加し、内側へ向かってのダクトラインを製作します。

↓まずはウチのインサートフレームをあてがいます。


うん!平気そうですね!バランスもいい感じ!

お次はインサートフレームの固定と新しいダクトラインの追加作業です。


こちらも同じように、FOGランプの光軸や照射範囲をチェックします。


後ろからFRPを貼り付け固定したら、余分な部分をそぎ落とし大まかなデザインを作っていきます。


徐々にいい感じになって来ましたね!



面の構成と繋がりを見るために一度サフェーサー(下地塗料)を吹き付けてみます。
全体の構成は悪くありませんが、まだ面が甘いですね。ダクト穴下部の面が垂れてます・・・



そして、若干の調整を施しパテサフへ。

かっこよくなりましたね!!



ぜんっぜん雰囲気変わったでしょ!

お客様からもダクトのデザインもなるべく滑らかに、丸みを帯びたデザインで。
というオーダーでしたのでそれを意識してモデリング致しました♪ 
中央の開口部にはメッシュを貼り付けます。

そしてこの後少なくても数日は放置プレイします。←ココが重要!!
少なくてもパテを使っているので、後々のパテ痩せを最小限にするためにワンオフ加工モノはなるべく時間をかけて成形します。

なのでチョッと時間かかっちゃいます。 すいません。。。

でも、最終的にお客様に喜んで頂くことが私達の最大の願いですのでご勘弁下さい。


そして。


違和感無く。あたかもそれが純正のように。


が加工する上での大前提です。

ダクトを開けりゃ偉い! 他のモノを埋め込めば偉い! そんなのは間違いだと思います。

メーカーさんがデザインした物はやはりモノの形を理解して作られています。

ですがそれだけじゃ満足できない!オリジナリティを出したい!という気持ちからワンオフ加工を施し、自分だけの車を作り上げて行くわけですよね。

だからイベントで勝つ!事を目標に車を作ることはイイことだけど、その為にバランスや方向性が失われ「加工箇所の数」や「部品の価格」などで競い合うようなレースならエントリーする意味はありません。

大切なのは、

自分だけの一台を創ること。

メーカーがどんな気持ちでこのデザイン(面の構成)を考えて作ったのか。

色々な複合R(曲面)を作る上で、それぞれの面が活きてくる構成の仕方はどうなのか。

ジェットではそんな事を考えながらモデリングして行きます。


感動提供秘密基地 ジェットストローク! FOG移植以外にも完全ワンオフエアロも製作致します。  もちろんニコイチ、サンコイチ、短縮、延長なんでも大歓迎!! 

世界で一つのエアロを創りましょう!!


製作事例

軽自動車に30セルシオFOGを入れ、それを元にモデリング。


18クラウンのエイムゲイン製リアバンパー&サイドステップにシンプルなダクトを追加。



アルミのフィンをワンオフで製作し、赤のキャンディーに塗装。 パンチングメッシュを合わせたワンオフフェンダーダクト。


RA6オデッセイのポルノインスパイア製バンパーにセンタールーバーを追加。 (わたくし)


プリメーラセダンのリアバンパーをベンツ風に加工。 普通の板金屋さんじゃ絶対持ってない新素材を使ってモデリング。 (ボブ店長)


ノブレッセのバンパーを元にギャルソンEUエディションのハーフスポイラーを移植。FOGはSクラスに変更し、グリル&アイガーニッシュはワンオフ製作。


エイムゲイン製バンパーにAMGダクトを追加。 (ちえチーフ)




自社製作美学
を貫きますので、ぜひ遊びに来て頂き実際の作業を見て下さい!!

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

GWツーリング

GWを利用して、スタッフみんなとBBQ&ツーリングへ行ってきました!

仕事する時も、遊ぶときも思いっきりがJET流!!



基本は自由参加なのですが、今回は全員が参加(^^)v 社長としてはプライベートのお誘いに気持ちよく乗ってくれる従業員の存在はものすごく嬉しい。
※経営者や管理職の方ならわかりますよねっ!

だから私もオフの時は仲の良い友達に戻り、バカ騒ぎします。(仕事中もあんまりかわらない?!)  特にボブ店長(ムラサキダウン)やチーフ(左から2番目の手術跡みたいな帽子の彼女)には「チビ社長」とか、「おいっ!ササキ!」とかよく虐められます。

まっ。 それほど仲が良いって事でもありますね。。。 ウンウン。。。。

で、今回はバイク5台と社用車のアストロちゃん2台という陣列。




高速をブッ飛ばして、茨城のキャンプ場へ。

↓こちらはフロント・竹下 通販部所属のパーツのスペシャリストです。 毎日国内最安値をリサーチし、数万点のパーツを販売しております。 愛車はZXR400のフルカスタム車両。 でもメットのカラーリングと合ってない・・・ ウフッ   車はチェロキーに乗ってます。
 

↓こちらは我が社の店長・ボブ石井。 愛車はかっこいいドカティなのに、メットの中はオバサン顔! ウププッ!  創業当初からの右腕で、塗装・整備・オーディオ・LED・エアサス・・・等なんでもこなす頼れるオバサンです。(笑) 車はベンツ・ML


↓こちらは整備・加工担当のシマネ。 愛車はゼファー400。外装はボロですが、エンジンは580cc+FCRキャブのモンスターマシンです。 中指はやめなさい。。  車は200系ハイエースです。


↓こちらはネット担当の湯浅。(通称ヤンサ) カスタムペイントのフュージョンに乗っております。(会社のだけど) 彼は小学校からの幼馴染で、PCのスペシャリスト。 元テレビ局で番組を作っていた経歴も持ってます。 丁寧なメール見積もりには定評がありますのでドシドシお問い合わせ下さい。 車はアコードワゴン。


↓こちらは私、ササキです。 愛車はカワサキW650。 フレームをぶった切り、リアフェンダーの製作途中でございます。 でも帰り道雨に降られ、後ろからも前からも飛び散る雨にヤラレマシタ・・・・  フェンダーって大切ですね。  愛車はフォード・F100やらビートルやらアストロやら会社の車を乗り回してます。 んで、デモカー的に作っては売り、作っては売りの繰り返し。  でもそれもまた楽しい。


こちらはオーディオ担当のタジマ君(奥側)と下地処理のサムライ・直江リョータ。(手前) タジ君の愛車はBMW・X5。 只今イベントへ向けてオーディオカーへと変身中。 カーセキュリティのスペシャリストでもあります。



さぁて、到着!!




絶好のロケーション!!


早速火起こしをするワルガキ達。


↓コイツはネット事業部で研修中の深谷君。 (アダ名はペリー大佐) イイ笑顔だね~! 8歳からパソコンを組み立ててきた根っからのPCオタク。 まだ入社1ヶ月ですが、グングン成長しています! 

↓こちらは頭を怪我しているちえチーフ(左)と経理のナツさん。 チーフは10年以上の経験を持つ板金工で、ドリフト&旧車屋さんでの修行経験もある職人です。 現在は塗装も覚え、オールマイティな職人に成長中!! 歳は・・・・ ヒミツです。 
二人とも酒癖が悪いのが玉にキズ・・・(笑)


こちらは職人見習い中の杉原ケンシン。 仕事とは関係ありませんが、130kのストレートを投げる千葉県先発の野球少年です。  只今挨拶・掃除・洗車と様々なことを勉強中。 技術はこれからでも、気合だけは誰にも負けてないかも。 頑張れよ~


みんな思い思いの時間を過ごしました!




仕事って、ヤリガイやお金もモチロン大切だけど、何より自分達が楽しくなければお客さんに感動を提供することなんて、出来やしない。

満足は一瞬だけの喜び。 でも、感動は忘れない。


JETの企業理念は 「技術力と人間力を日々研鑽し、感動を創造する企業」


そして感動とはモノ(商品)を通してコト(感動)を生むヒト(熱意)の事だと思います。


このブログは「みんカラ」なので、技術や商品を載せてお客様を呼び込みたい!という気持ちもモチロンありますが、それだけじゃつまらない!!

とーーーっても人間臭い、JETの成長日記としても書いていきますのでどうぞ宜しくお願い致します!!

オレらはメッチャアツイっすよ! 

勢いだけは誰にも負けませんっ!!



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

とりあえずこちらへ
みなさん、お久しぶりです。


ご報告が遅れ大変申し訳ありませんでしたが、実はこのブログとは別にみんカラ+(ブログ)を始めました。


とは言え、こちらのブログも書いて行こうとは思っているのですが、とりあえずみんカラのURLを張っておきます。

http://minkara.carview.co.jp/userid/449950/blog/

携帯でも見れると思います。 みんカラモバイル↓

http://minkara.carview.co.jp/mobile/0/0/0/userid/449950/blog/

上記をブックマークお願い致します!

それと、スタッフブログもソロソロ開始しますのでお楽しみ~!!

ささき

copyright © 2005 JETSTROKE BLOG -有限会社ジェットストローク- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。