★車・バイクの総合カスタムショップ★ http://www.jetstroke.com

来店型・技術系・激安通販店のJETSTROKEへようこそ!!

日々の作業状況や製作車両、スタッフの素顔などもUPしていきますので乞うご期待!!

http://www.just.st/?in=7192241(携帯サイトはこちら)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉県のワンオフマフラー製作専門店・ジェットストローク
千葉県のバイク・車のワンオフマフラー製作専門店 ジェットストロークです。 お客様には県外も多く、茨城県・群馬県・埼玉県・栃木県・東京都と関東一円からオーダーを頂いております!

本日はワンオフマフラーについて書いて行こうと思います。

まずマフラーを製作する上で最初の段階で決めておくことがあります。 それは材質、排気効率(レスポンス・吹け上がり)、取り回し、完成したときの重量、最低地上高、スポイラーとの組み合わせ等です。

大切なのはお客様がなにを求めているか。

後々行き違いが生まれないように、しっかり話し込んでから製作に入らせて頂きます。


モチロン純正のパイプにテールエンドだけ溶接して見てくれ重視!のオーダーから、サーキットでも通用するマフラーまで幅広く対応致します。
最近は極低車高の底上げ加工のオーダーが多いですね。 ハンガーの作り直しや、一度切断して角度を変えて溶接し直すという工程が多いです。 またエンジンの回転に合わせて排気量を変えたり、リモコンで音量を調整するような事もやっております。 


溶接するときも、パイプとパイプを合わせてこんもり溶接し、後で研磨して仕上げるのではなく、パイプとパイプの継ぎ目をピタッ!!と合わせる事に時間をかけます。

そしてビビッ!!と溶接。 

裏側までしっかりね。

できれば内側からも溶接したりします。 

あと鉄は(金属は)硬いイメージがありますが、熱をかけると伸びたり、縮んだりで色々と大変なんです。 でも、その辺もきっちり計算に入れて作業しないとポリッシュした時に残念なモノが出来上がってしまいます。

FRPも、カーボンも、鉄も、ステンも造形は楽しいし、奥が深い。




こちらはマフラー製作の写真です。

お客様がテールエンドを持ち込み、エアロの加工と合わせてオーダー頂きました。



ラインテープでおおよその位置をイメージし、PCで簡単に画像を作ってみます。




うん!良い感じ! こんな風に画像を作ったりしながらお客様と話を煮詰めていきます。


こちらは製作事例











エアロとのクリアランスも絶妙にセッティング。

でも、熱対策や干渉問題も考えて製作します。


こちらは底上げ加工をした15系マジェスタ↓










エアサスやアーム類の変更で低車高を突き詰めると、どうしても出てくる腹打ち問題。 でもこれで4センチ以上上がりましたね! 

VIPセダンのオーダー大歓迎です!


簡単な補修やポン付けはMIG(半自動)で対応します。





穴が開いてしまった!やハンガーが外れた!等の補修作業もお任せ下さい。


こちらは開口部との寸法取りの様子↓ FRP成形でピッタリと!


ディフューザー埋め込み↓


エアロ中通しのデザイン↓


店内にもマフラーやテールエンドを数種類展示しておりますので、実際に車にあてがいイメージを膨らませます。 実際モノがあるって良いですよね!



バイクのマフラー作っちゃいます! 写真はジョーカー。



もちろん社外マフラーの取り寄せ&取り付けも承ります! そのマフラーに合わせた開口部のFRP加工もお任せ下さい。 またパーツの販売は通販部で最安値販売いたします!!
国内のマフラー(パーツ)なら何処よりも安く販売致しますので無料見積もりお待ちしております。



現在の流行は爆音系よりも低音キッチリ系ですね。 オーディオも合わせてカスタムする方が多いので、そのような車両ではムダな雑音にならないよう心がけます。


自社作業美学! これこそJETの本髄!!

マフラー製作もお任せ下さいっ!


スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 JETSTROKE BLOG -有限会社ジェットストローク- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。