★車・バイクの総合カスタムショップ★ http://www.jetstroke.com

来店型・技術系・激安通販店のJETSTROKEへようこそ!!

日々の作業状況や製作車両、スタッフの素顔などもUPしていきますので乞うご期待!!

http://www.just.st/?in=7192241(携帯サイトはこちら)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中P発 鈑金塗装の知らない世界!
みなさん、こんばんわっ!

7月も最終日になり、いよいよ夏真っ盛り!

夏の初めと言えば、東京オートスタイル 2012!!
8月4日・5日の2日間が熱い!暑い!熱い!
10:00~17:00 見所山盛りです。

夏の祭典の場所は、東京ビッグサイト!(モーターショーと同じ会場)
当社ももちろん出展します。
現地でのお声掛けは、ぜひ喜んで!!






早速ですが、鈑金塗装のお話の始まり!始まり!

今日は、塗装の不思議についてお話させて頂きます。

修理で塗装をする際、現車にて調色をしておりますが、100%の色合わせは限りなく無理なんです。

それはなぜか。
①自動車メーカーの使った塗料あるいは後から塗装した塗料と同じでは無いからです。純正バンパーでも、新車時から色が違っていたりします。
理由は、同じ工程内で塗装せず、塗装済の部品を着けているからです。
②月日の経過による色の退色で、オリジナルカラーでも新車時とは異なっております。

その為、鈑金塗装で修理する際、現車で調色をしても、ブロック(同一部品)内で色を合わせるのは非常に困難になります。これは、ソリッドカラーの塗装でも同じ事が言えます。

そこで出てくるのが、ぼかし塗装~!

                 修理中


                   ↓

              ぼかし塗装~!


                   ↓


                完成~♪



これで、横から見た時に、フェンダーからドアに掛けての色の統一感が出て、全体を見た時にも、違和感が少なく仕上がります。

原状回復という意味では、修理する部分の塗装でよいのではと思われますが、実際にその部分だけ塗って、結果色がずれているのでは、修理して原状回復するのではなく、修理しても逆に価値を落としてしまい、折角行った修理の意味が無くなります。
そこで、ぼかし塗装を行い色の境目を分からなくする事で、原状回復に近づけるには、重要な作業です。

髪の毛を切りに行って、切りっ放しではなく、スイたり縦にはさみを入れたり、調整をしていき、髪を整えます。

飲食店でも、調味料で味を最後に調整します。

鈑金塗装では、色を整えます。

これには、職人の経験と作業する環境・設備、色彩のセンスなど、幅広いスキルを要求されます。
幸いにも、当社では、鉄板、ABS樹脂、FRPどんな素材にも対応できる経験豊富な職人がおりますので、安心して作業をお任せ下さい。


最後に、どなたかアイブロウの上手い方!
綺麗に整えて頂けませんか。



食べ物は粗末にしてはいけません!
おいしく頂きました!

では!!!


スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 JETSTROKE BLOG -有限会社ジェットストローク- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。