★車・バイクの総合カスタムショップ★ http://www.jetstroke.com

来店型・技術系・激安通販店のJETSTROKEへようこそ!!

日々の作業状況や製作車両、スタッフの素顔などもUPしていきますので乞うご期待!!

http://www.just.st/?in=7192241(携帯サイトはこちら)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中P発 鈑金屋さんのアレコレ!
皆様、こんばんわっ!

夕方になると暑さが和らぎ、徐々に過ごし易くなってきました。
明日は夏至です。
夏の頂点が過ぎ季節の変わり目になりますので体調管理に気をつけて下さい。





早速ですが、本日納車させて頂いたお客様のご紹介です。

 

O様 ワゴンR MH21S

J-LINEさんのリアアクスル交換(キャンバー5° ダウン量 40 インセット -12)
K-BREAKさんのホイール取付(17インチ F 6.5J R 7.0J)
ワイドトレッドスペーサー取付

真っ赤なボディにローダウンが決まり更にイケてる仕様になりました。


----------------------------------

さて、ここから鈑金塗装のお話です。

鈑金の受付担当をするようになり、ここ最近目に付くのがお客様のお車のエアロパーツの割れです。



割れていても走れるからと、ついついそのままにしがちですが、割れてファイバーが見えている状態で通常使用していると損傷を拡大してしまいます。(尚、写真のお車のお客様は修理のご依頼を頂きました。)

何故か?
その原因は、水分です。

そもそもFRP製のエアロはファイバー繊維を固めた素材ですので、ファイバーが剥き出しになると、そこから水分を吸い込んでしまいます。

乾いた布が水分を吸っていくイメージです。

この現象を毛細管現象といいます。



これはファイバーに限った話でなく、色んな物にも発生する現象です。

例えば、塗膜(塗装面)でも起こります。



表面のみの塗装を行い、見えない部分をマスキングして塗ると見えないレベルの塗膜の継ぎ目が出来て、そこから水分が入り塗装が割れてきたり、塗装面が浮いてきたりして最終的には新たに塗装修理をする事になります。

シール等を半分重ねて貼って、段差が出来るイメージです。

自動車の塗装は、新車時の塗装工程から考えると、表裏塗ってクリアコートしています。
パッと見の表面だけをを綺麗にするのではなく、裏面も塗って継ぎ目の無い塗装が原状回復だと考えており、これは過剰な修理ではないと考えます。



その為、前々から掲載しておりますが、当社では外せる部分を可能な限り外し、塗装作業を行います。

ぜひこれを機会に修理を検討する際、金額の高い安いだけで判断をせず、修理の内容も比較されてはいかがでしょうか。



おまけ

間違い探しです。
このお車どこか気になる所はありませんか?





正解

ブレーキキャリパーがついてません。



現在塗装中!

純正でも塗装だけで見た目が大幅に変わります。

こういうカスタムはいかがでしょうか。

気になる方は、随時お問い合わせ下さい。 
スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 JETSTROKE BLOG -有限会社ジェットストローク- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。